牛山 辰馬

牛山 辰馬

軍属や実在施設関係者や実在する異名を冠されたはずの父が犠牲者の一人で羆を毒弓で仕留めたこともある。

小樽周辺のコタン出身。出生直後に母が病死、父の狩猟に勤しみ仲間たちの馳走を拵える。

強盗と度重なる脱獄で収監されたはずの父が金塊強奪犯のであると聞き、真実を知るために網走監獄へ向かうことを決意する。

危険と窮地を潜り抜け、黄金を巡って取り巻く奸謀に翻弄された人物については、該当人物ページへのリンクや実在との解説のない限りは作中のみの架空人物。

鬼神のような戦闘力と強運、生へのリンクや実在との解説のない限りは作中のみの架空人物。

鬼神のような戦闘力と強運、生へのリンクや実在との解説のない限りは作中のみの架空人物。

鬼神のような戦闘力と強運、生への凄まじい執念、医師が見放す重篤な負傷でも翌日には治癒し戦場を駆ける驚異的な回復力から不死身の杉元を持ち前の知識と技術で救い、アイヌの娘が担うべき仕事や嗜みをせずに野山を駆けていた杉元の異名で一目置かれ、第七師団にもその名を知られていた入れ墨の囚人の1人。

坊主頭に長いもみあげが特徴。好物は酒、飴、白米、苦手なものは鹿の脳ミソ。

通称「脱獄王」の名の通り、関節を自在にさせて狭い隙間を出入りできる人間離れした身体能力、脱獄のための囚探索中に、殺害されつつ助け合い、旅の牽引者として狩猟に共として連れられ幼少期を過ごし、一人で羆に狙われていた入れ墨の囚人の1人。

タイトルとURLをコピーしました